猟友会はどうやって入会するの? かかる費用や活動内容は?

マイナビ農業TOP > 狩猟 > 猟友会はどうやって入会するの? かかる費用や活動内容は?

狩猟

猟友会はどうやって入会するの? かかる費用や活動内容は?

連載企画:狩猟入門

猟友会はどうやって入会するの? かかる費用や活動内容は?
最終更新日:2020年02月26日

これから狩猟をはじめる人は、猟友会への入会を検討しますよね。でも、どうすればいいのか分からない、何となく恐そう……と思う人も多いのでは? ここでは、入会方法、会費、実際の活動内容などを説明します。加入のメリット・デメリットや懇親会の有無など、気になるアレコレについても触れますので、ぜひチェックしてください。
※ ここで紹介する入会方法などは一例にすぎません。猟友会の支部によって状況が異なりますので、詳細は都道府県猟友会や支部にご確認ください。

猟友会ってどんな組織?

組織体制

多くのハンターが加入している猟友会とは、一体どんな組織なのでしょうか?

猟友会

猟友会は、トップの大日本猟友会のもとに各都道府県猟友会があり、都道府県猟友会のもとに支部があります。ハンター会員はいずれかの支部に所属します。

どの支部に入会すればいい?

基本的には住所地の支部に入会するのが良いようです。住所地以外の支部に入会したい場合は、希望する支部の支部長に相談してください。

農業被害対策などで有害鳥獣駆除を希望する人は、できれば有害鳥獣駆除班(または有害鳥獣駆除隊など、地域によって名称は異なります)のある支部に入会しましょう。

猟友会支部は所属ハンターが自ら運営する任意の団体(一部法人)で、支部によってかなり状況が違います。どこも高齢化が進んでいるのが実状ですが、中には、若手が中心となって活動する青年部や女性部のある支部も。先輩ハンターや銃砲店から情報収集できるチャンスがあれば、ぜひ支部の評判を聞いてみては。

猟友会に入会するワケ

猟友会

会員になる最大のメリットは、都道府県への手続きを代行してくれることです。狩猟をするためには、毎年、狩猟者登録(※)の申請手続きが必要です。手続きは個人でもできますが、代行してもらえれば手間が省けます。

※ 狩猟者登録とは:狩猟免許を持っているだけでは狩猟はできません。狩猟をしたい都道府県に申請書などを提出し、狩猟税・登録手数料を納めて狩猟者登録をしなければなりません。有効期間は10月15日(北海道は9月15日)から翌年の4月15日まで。

入会方法、費用、活動内容

入会方法

入会希望の支部が決まったら、支部長とコンタクトをとります。支部長の連絡先は、都道府県猟友会に電話で問い合わせるほか、銃砲店や狩猟免許試験場などで連絡先一覧表がもらえる場合も。大日本猟友会のホームページにあるFAX用紙でも申し込めます。

支部長の電話番号がわかったら、直接電話を掛けるのが最も近道。勇気を出して掛けてみましょう! 入会の手順などを教えてくれるはずです。その後、支部長の自宅など、場所を指定されて会うことになると思います。最初はコワモテのベテラン猟師に緊張するかもしれませんが、頑張って! 礼儀正しく接していれば大丈夫です。

電話を掛けるタイミングは狩猟免許の取得前がおすすめ。免許がとれたら入会したい旨を伝えておくと話がスムーズです。連絡が免許取得後になっても、入会には問題ありません。

かかる費用

猟友会費用

会費は所属する支部によって金額が変わります。新規入会金は2000~5000円が多いようです。新規入会金がない支部もあります。

下記は2019年度、兵庫県猟友会のある支部での一例です。合計すると年会費は15000円程度です。

■兵庫県猟友会 年会費
・第一種銃猟:9300円
・第二種銃猟:7800円
・わな猟:6800円
・網猟:6800円
(1人で2種類を申請する場合は、高い方に1500円を加算)
■協力金:200円
■支部 年会費:5000円

支部の活動内容

狩猟者登録の手続きを代行するほか、支部は次のような会合を開催しています。

総会(事業・決算報告など)、射撃練習会、共猟会(支部の所属ハンターが集まりグループ猟を行う)、懇親会など。

新規入会者は、なるべく総会には参加した方が良いでしょう。それ以外の懇親会などは、欠席しても大抵は問題ありませんが、支部の方針にもよります。また、まったく会合を行わない支部もあります。

加入のメリット・デメリット

猟友会活動内容

所属する支部によっても変わりますが、猟友会に加入するメリット・デメリットを上げてみました。

4つのメリット

・狩猟者登録の手続き代行
・ハンター保険に入れる
・火薬類の無許可譲受証の発行
・地域のハンターと知り合える

その他、有害鳥獣駆除班や巻き狩りのグループ(猟隊)に入れる可能性がある、といったメリットもあります。また、入会するとオレンジ色の帽子とベストは無償で配布されます。

2つのデメリット

・費用がかかる
・高齢化で若手が少ない

その他、指導してくれる人に出会えなかった、猟法が合わなかった、などの悩みを持つ人もいるようです。その場合、転属先の許可を得れば、支部を変えることも可能です。

猟友会は支部によって千差万別です。運営の仕方、考え方、会員数など、すべてが違います。これから入会する人は、まずは情報収集からはじめてみてはいかがでしょうか? 

参考文献:
「狩猟読本」(大日本猟友会)
「これからはじめる狩猟入門」(ナツメ社)

関連記事
実録! ライター西島の狩猟体験記 狩猟免許試験の勉強【銃猟編】
実録! ライター西島の狩猟体験記 狩猟免許試験の勉強【銃猟編】
マイナビ農業で「ジビエ入門」を連載している私ライター西島は、取材をきっかけに狩猟免許を取得してハンターになりました。今回は「第一種銃猟免許」の試験を受けた際に、私がどんな勉強をしたか? 試験当日はどんな感じだったか?な…
住宅街に現れたクマを捕獲する役目も 害獣から住民を守る猟友会とは?【ジビエ入門】
住宅街に現れたクマを捕獲する役目も 害獣から住民を守る猟友会とは?【ジビエ入門】
ニュースなどでオレンジ色のベストを着た猟師の集団を見たことはありませんか? あの方々が猟友会のハンターです。畑を荒らす有害鳥獣を捕獲してくれるのも、ほとんどが猟友会のハンターでしょう。ここでは、一般的に知られる機会が少…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧