特定技能1号と2号の違いを徹底解説!取得条件や求められるスキルは?【外国人雇用について考える第25回】|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 特定技能1号と2号の違いを徹底解説!取得条件や求められるスキルは?【外国人雇用について考える第25回】

特定技能1号と2号の違いを徹底解説!取得条件や求められるスキルは?【外国人雇用について考える第25回】

連載企画:外国人雇用について考える

特定技能1号と2号の違いを徹底解説!取得条件や求められるスキルは?【外国人雇用について考える第25回】

2019年4月に在留資格「特定技能」が創設されました。特定技能には、1号と2号があります。
今回は、「特定技能1号」と「特定技能2号」の違いについて、取得方法なども含めて詳しく解説します。

関連記事
特定技能外国人の採用なら、マイナビグローバルへ
特定技能外国人の採用なら、マイナビグローバルへ
マイナビグループでは、農業で外国人採用を検討する農業経営者や採用担当者へ向けて、外国人材紹介や支援サービスを運営しています。採用に関する相談にも応じておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。

特定技能は1号と2号の2種類

特定技能1号と2号の違いについてご説明する前に、まずは特定技能についておさらいしてみましょう。

そもそも特定技能とは?

特定技能は、深刻化する人手不足をうけて、労働力が特に不足している14の分野において人材を確保することを目的に、2019年4月に創設された在留資格です。

他の就労可能な在留資格との違いは、就労可能な範囲が広いことです。例えば、「技術・人文・国際業務」の在留資格でホテル勤務をしたい場合、大学卒業等さまざまな条件がある上に、単純労働にあたる部分(ベッドメイキングなど)ができず、従事できる業務が限られていました。一方、新しい在留資格「特定技能」では、単純労働をメインに就労することはできないものの、単純労働を含む業務が可能な点が大きな特徴と言えます。

企業にとっては、幅広く仕事を任せることができるため、採用しやすい在留資格といえるでしょう。

特定技能の基本的な情報については、過去の記事でわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事
特定技能とは?制度や試験方法、技能実習との違いを解説【外国人雇用について考える第16回】
特定技能とは?制度や試験方法、技能実習との違いを解説【外国人雇用について考える第16回】
2019年4月に、日本の人手不足を解消するため、在留資格「特定技能」が整備されました。14の業種で外国人の就労が可能になり、外国人労働者の採用を検討している企業にとっては人材獲得のチャンスといえるでしょう。 基礎知識から採用…

特定技能はほとんどの場合「1号」を指す

特定技能1号には14種類の職種がありますが、2号は2種類しかありません(2020年12月現在)。更に、2020年9月時点で特定技能2号の外国人はまだ在留していないことからも、「特定技能」とは基本的に「1号」のことを指すと考えてよいでしょう。

特定技能2号を取得するには、2020年12月現在、1号から移行するしか方法がなく、職種も「建設業」と「造船・舶用工業」の2職種に限定されています。

特定技能1号については、すでに試験が国内外問わず実施されていますが、特定技能2号の試験は2021年度から開始される予定です。

▶特定技能1号の職種はサービス系からブルーカラーまで幅広い

特定技能1号の職種には14種類あり、サービス系の職種からブルーカラーまで幅広く設定されています。

特定技能の14職種について、詳しい情報や各職種の最新情報を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

関連記事
【2021年】特定技能14業種を徹底解説!職種一覧・受け入れ状況まとめ
【2021年】特定技能14業種を徹底解説!職種一覧・受け入れ状況まとめ
介護など、一部の職種では特定技能の受け入れが進んでいます。特定技能の職種や、どのような業務に従事できるのかなど、特徴をご紹介します。 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、取り扱いが変更されていることなどもありますので、…

特定技能1号と2号の取得方法

特定技能1号と2号の在留資格の取得方法について、どのような試験を受ければいいのかなど、わかりやすく解説します。

  続きを読む  

関連記事
農家が特定技能「農業」で外国人を採用する方法とは?技能実習との違いも解説【外国人雇用について考える第21回】
農家が特定技能「農業」で外国人を採用する方法とは?技能実習との違いも解説【外国人雇用について考える第21回】
近年、農分野で働く外国人労働者が増えています。特に技能実習生の受入れが顕著ですが、2020年以降は新型コロナウイルス拡大の影響により技能実習生が入国できない事態となっています。そこで注目を集めているのが特定技能 「農業」です…
特定技能「飲食料品製造業」を徹底解説!なぜ需要拡大している?【外国人雇用について考える第23回】
特定技能「飲食料品製造業」を徹底解説!なぜ需要拡大している?【外国人雇用について考える第23回】
国内で進む労働力不足の解消のため、2019年4月に整備された新たな在留資格である「特定技能」。 14業種に及ぶ対象の特定産業分野のうち、今回はとくに需要が高まっている「飲食料品製造業」にクローズアップし、その現状や特定技能1号…

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧