「農福連携」を目指して 観光福祉農園にいちご狩りシーズン到来

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 「農福連携」を目指して 観光福祉農園にいちご狩りシーズン到来

行政・団体・個人の支援
埼玉

「農福連携」を目指して 観光福祉農園にいちご狩りシーズン到来

「農福連携」を目指して 観光福祉農園にいちご狩りシーズン到来
最終更新日:2019年04月01日

埼玉・鴻巣市の観光福祉農園「元気ファーム」で、今年もいちご狩りが始まりました。手塩にかけて育てられたいちごは、びっくりするほどの大きさと甘さ。運営する社会福祉法人元気村「夢工房翔裕園」に通う、障害を持つ利用者の就労訓練の一環として始まり、今年で3年目のシーズンを迎えました。キーワードは誰でも楽しくいちご狩りができること。「農福連携」を追求する、同園にお話を伺いました。

「夜のいちご狩り」も人気!“誰でも楽しめる”元気ファーム

柔らかな冬の日差しが差し込み、甘い香りが漂う温かいハウスの中には、大きないちごがたわわに実っています。観光福祉農園「元気ファーム」では、2種類の食べ比べができるいちご狩りが始まりました。甘さと酸味のバランスに優れて濃厚な味わいの「紅ほっぺ」は大人に人気、細長くて肉質が柔らかく、甘みの強い「章姫(あきひめ)」は子どもが夢中になって食べるといいます。

元気ファームのいちご狩りは、「だれもが楽しめる」ことがポイント。プランターを身長に合わせた高さに調節できる高設式の栽培システムを取り入れているため、車いすの方や高齢者の方も、屈まず楽な姿勢でいちごを収穫できます。おむつ替えスペースや車いす用トイレも完備しており、バリアフリーの環境で、5月中旬まで味覚狩りに興じることが可能です。

車いすに乗ったままでも、手が届く高さで育ついちご。下の段には、子供が潜り込んで夢中で摘み取るそう

2017年の5月には、「ストロベリーナイト(夜のいちご狩り)」と題して、夜のハウスの中で懐中電灯の光を頼りに、宝探し感覚でいちごを摘み取るイベントを初開催し、地元の住民などでにぎわいました。

「健常者と障害者の接点に」

元気ファームを運営する、社会福祉法人元気村 夢工房翔裕園は、障害を持つ人が通所する施設。
就労訓練の一環として、硬式野球ボールの修繕などを行ってきましたが、「内職だけではなく、一年中作業に関われる作業を」と、百合川祐司(ゆりかわ・ゆうじ)施設長が農作業の導入を模索しました。県外の植物工場などを見学して歩いた結果、開放的な環境で汗を流せ、利用者と消費者の距離が近い観光農園という選択肢に至ったといいます。

農業の担い手が高齢化し、使われない農地が増えている一方、障害者の就労先が不足しているという課題を解決しようとする、いわゆる「農福連携」。その一環として助成金を受け、近隣の農家からの申し出で借り上げた畑で、玉ねぎを露地栽培するようになりました。5000株以上のいちご、150本のブルーベリーなど、徐々に収穫時期の異なる作物を増やし、一年を通して作業を確保できるようになりました。いちご狩りに訪れる観光客数は、一年目は約1,500人、二年目の2017年度には、4,000人までに増えました。

利用者は、定植や葉欠きなどの農作業や、iPadを使ったレジ打ちなどの接客を担当します。「障害者と健常者との接点を作り、お互い変わらないんだというところを感じてもらいたい」と、百合川さんは思いを込めます。

「利用者も社会貢献がしたい」―農業の経験を活かして就職の選択肢に

勉強の成果で、農家顔負けの栽培知識を得るようになった施設長の百合川さん

百合川さん自ら、県内の農家から栽培方法を学んだりと、いちご栽培の知識を積み重ねてきました。減農薬栽培に取り組んだり、肥料を工夫した結果、今シーズンは地域で最も早い12月下旬から収穫できるようになりました。

大粒の実がびっしりと並ぶハウス内で耳を澄ますと、優しいクラシック音楽と、いちごの受粉を助けるハチの羽音が微かに聞こえます。思わず深呼吸したくなるような心地よい環境で、作業する利用者の顔はどこか晴れやかに見えるといいます。

百合川さんの理想は、農園を農業生産法人化して、利用者の就職先の選択肢を増やすことだといいます。利用者が卒業後に就く業種は、清掃やバックヤード業務などが多いという現状があります。百合川さんは、「利用者は、我々と同じように『社会に貢献したい』という気持ちが強い。ここで経験を積んで得た能力を仕事に繋げて、生き甲斐にしてもらいたい」と話します。

いちご好きなら誰もが楽しめる「元気ファーム」のいちご狩りは、5月中旬まで。営業時間は、9:30~15:30。いちごの生育状況によって営業日が決まるので、Facebook公式ページで要確認。10名以上の団体は予約可。30分食べ放題(コンデンスミルク付き)。

<料金>
大人(小学生以上):1,000円~1,700円
子ども(3歳以上小学生未満):700円~1,200円
2歳以下:無料
※価格はシーズンで変動。
詳しくは、HPで。
※※障がい者手帳及び介護保険者証を持参の方は、100円引き。

観光福祉農園「元気ファーム」
〒365-0025 埼玉県鴻巣市下谷41
048-540-5000

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧