【健康をめざす家庭の薬膳】胃腸に良いとされる 牛肉の薬膳としての働き – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【健康をめざす家庭の薬膳】胃腸に良いとされる 牛肉の薬膳としての働き

ライフスタイル

【健康をめざす家庭の薬膳】胃腸に良いとされる 牛肉の薬膳としての働き

【健康をめざす家庭の薬膳】胃腸に良いとされる 牛肉の薬膳としての働き

2018年04月06日

ステーキや焼肉など、様々な調理法と味付けで食卓のメインを飾ることが多い牛肉。あまり多くの人に知られていないかもしれませんが、牛肉は薬膳の世界でも重要な役割を担っています。そこで今回は、牛肉の薬膳としての効果や利用法、レシピについて紹介していきます。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

薬膳の観点から見た牛肉

薬膳

薬膳の世界で牛肉は、五気は温、五味は甘にあたります。

肉は「胃がもたれる」、「内臓が疲れる」などと避ける方がいるかもしれませんが、牛肉は胃腸を丈夫にする働きがあるとされ、体が冷えたことで食欲がないときに向いている食材です。また、疲れからくる体調の改善にもおすすめできる食材でもあります。

関連記事:
【健康をめざす家庭の薬膳】 食べ物の性質を知る「五気」とは
【健康をめざす家庭の薬膳】 食べ物の性質を知る「五味」とは

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧