音楽会に牛の放牧!? 淡路島のユニークいちご園が愛される3つの秘密 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 音楽会に牛の放牧!? 淡路島のユニークいちご園が愛される3つの秘密

生産者の試み

音楽会に牛の放牧!? 淡路島のユニークいちご園が愛される3つの秘密

音楽会に牛の放牧!? 淡路島のユニークいちご園が愛される3つの秘密

2018年04月11日

一風変わったいちご園として人気を集める「淡路島 山田屋農園」の園長・山田修平(やまだ・しゅうへい)さん。奥さんの山田優子(やまだ・ゆうこ)さんとともに淡路島にIターン、地道に築き上げたユニークな農園には根強いファンが次々と訪れます。どうやって集客に成功しているのでしょうか。その秘密に迫ります。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ブルーベリー観光農園での勤務を経て、2012年に独立した山田修平(やまだ・しゅうへい)さん。夫婦で淡路島に移住し、大阪湾を見下ろす山の上で小さないちご園を営みます。

大々的な看板や広告などは出さず、コツコツとお客さんへのアプローチを続け、皆に愛される農園作りを実現しています。そこには「手作り市出店」「イベント開催」「絶景」という3つの秘密が隠されていました。

憧れの地「淡路島」へIターン

―どうして淡路島に移住したのですか?

僕は大阪府出身、嫁さんは香川県出身で、お互いの実家のちょうど真ん中なんです。車で淡路島を通るたびに「いつか淡路に住めたらいいね」と話していました。嫁さんとは高知大学の農学部で知り合い、滋賀県のブルーベリー観光農園で一緒に働いていました。「いつか独立して、2人で農業で生きていく」のが目標だったんです。

偶然にも淡路島で古民家再生を手がけるプロジェクトに出会い、とんとん拍子で住む家と温室が見つかったので2012年の春に移住しました。

―温室との運命の出会いですね

あの時、坂の上にたたずむこのガラス温室を見た瞬間、運命的なものを感じました。元は花農家の温室だったそうです。目の前に広がる大阪湾の絶景にも目を奪われ、すぐここに決めました。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧