【令和元年台風15号被害】緊急支援募金サイト開設、ふるさと納税利用でさとふるが

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 【令和元年台風15号被害】緊急支援募金サイト開設、ふるさと納税利用でさとふるが

農業ニュース
千葉

【令和元年台風15号被害】緊急支援募金サイト開設、ふるさと納税利用でさとふるが

【令和元年台風15号被害】緊急支援募金サイト開設、ふるさと納税利用でさとふるが
最終更新日:2019年10月02日

株式会社さとふる(東京都中央区)が、ふるさと納税制度を通して台風15号の被害を受けた自治体に寄付ができる、「令和元年台風15号被害 緊急支援募金サイト」を開設しました。台風15号は関東に上陸した台風としては過去最強級で、千葉県を中心に深刻な被害が発生しました。(上記画像は千葉県旭市)

1,000円から1円単位で寄付可能

茨城県稲敷市

さとふるが開設した「令和元年台風15号被害 緊急支援募金サイト」では、21の被災自治体に1,000円から1円単位で指定した金額を寄付することができます。

<対象自治体>

【茨城県】潮来市、稲敷市、神栖市
【千葉県】銚子市、東金市、旭市、君津市、袖ケ浦市、八街市、南房総市、いすみ市、栄町、香取市、多古町、九十九里町、芝山町、横芝光町、白子町、長柄町
【神奈川県】藤沢市
【静岡県】伊東市
(※2019年9月24日現在)

茨城県潮来市

サイトには各自治体の被害状況を伝える写真と、寄付総額が掲載されています。寄付先の自治体を選び、さとふるに会員登録するか、Yahoo! JAPAN IDでログインすることで、納税ができる仕組みです。寄付決済手数料は同社が負担し、自治体から収益を得ることはないといいます。
(写真提供:株式会社さとふる)

令和元年台風15号被害 緊急支援募金サイト

関連記事
【令和元年九州北部大雨】さとふるが災害緊急支援募金サイト開設 ふるさと納税制度活用、1000円から
【令和元年九州北部大雨】さとふるが災害緊急支援募金サイト開設 ふるさと納税制度活用、1000円から
秋雨前線が活発化した影響で、27日から九州北部地域で記録的な大雨が続いています。ふるさと納税制度を活用し、被災自治体に1000円から募金できる支援サイトを、ふるさと納税ポータルサイトを運営する株式会社さとふる(東京都)が開設…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧