遅霜や寒の戻りに負けない 庭先にも置ける手作りミニ温室

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 遅霜や寒の戻りに負けない 庭先にも置ける手作りミニ温室

遅霜や寒の戻りに負けない 庭先にも置ける手作りミニ温室

連載企画:凄い!農家のアイデア集

遅霜や寒の戻りに負けない 庭先にも置ける手作りミニ温室
最終更新日:2020年09月11日

春先の育苗も中盤戦。春特有の不安定な気候はじつにやっかいで、突然の遅霜や寒の戻りによる低温によって、苗が枯れたり、発芽が悪くなったりすることもある。今回は、庭の片隅に置けるくらい小さなミニ手作り温室を紹介。加温はもちろん、自動で換気もしてくれる優れもの。

大きなハウスなしで「早出し」をするには?

岡田さん。夏に撮影

非農家出身ながら、定年後の今はバリバリの直売農家である、大阪府・能勢町の岡田正(おかだ・ただし)さん。
岡田さんの得意技の一つが「早出し」だ。カリフラワーやブロッコリーをはじめとしたいろんな品目を、他の出荷者よりもちょっと早く、「初物」として高単価で出す。それが、岡田さんのように少ない面積の畑でも、直売所で稼ぐ秘訣(ひけつ)だという。
実際、岡田さんの畑は山際の小さな段々畑だけ。自宅も新興住宅街にあり、もともと住んでいる農家のような広大な敷地はない。もちろん立派な育苗ハウスは持っていない。
春先に早く野菜を出すには、ハウスや温床なんかの加温設備が不可欠だと思っていたが、岡田さんはどうしているのだろうか。

自宅の片隅にある「手作りミニ温室」

「これが便利なんや」と岡田さんが見せてくれたのが、自宅の敷地の片隅にある手作りのミニ温室だった。拍子抜けするほど、小さい。この1畳ほどの温室に隙間(すきま)なく詰めたら育苗トレイが9枚入るそうだ。

家の敷地の片隅にあるミニ温室(扉を開けた状態)

岡田さんが春先に出荷するカリフラワーやブロッコリーは、128穴のセルトレイに播種(はしゅ)して育苗する。
つまり、最大で1152本の苗をこの小さな温室でつくることができるわけだ。
カリフラワーやブロッコリーは1回目の播種を2月上旬にする。この頃は、外気温が氷点下8度まで下がることもあるが、温室の中は、発芽や育苗に最適な25度前後を保つことができるという。
植え付けの時期になると、苗を出して、また新しく播種したトレイを入れる、というように回転させる。
4月中旬にまくエダマメやトウモロコシまで、この温室を使って育苗をする。
「エダマメやトウモロコシなんかは、気温ががくんと下がると、発芽せんことがある。この温室に入れといたら、ほぼ100%うまくいく」と岡田さん。
こんな小さい温室だが、フル活用すれば、小さな農家なら十分なほど、たくさん苗がつくれる。

ミニ温室の仕組み

熱源は農電園芸マット

きれいな白菜の苗。下のオレンジ色のものが農電園芸マット

温室の熱源は「農電園芸マット」(日本ノーデン)。耐水性のあるホットカーペットのようなもので、このサイズなら1万5000円前後で買える。
これを、「農電電子サーモ」(同社)というサーモスタットにつないで25度に設定すると、温室内が25度以下の時には通電(加温)して、それ以上になると自動でスイッチが切れるようになる。
サーモスタットの温度をはかる端子は、セルトレイの土に刺して、地温と連動させている。

農電電子サーモ。農電園芸マットと換気扇にそれぞれ一台ずつ使う

ミニ換気扇で開け閉め不要に

春先は気温も天候も不安定で、晴天の日に温室を閉め切ったままにすると、温度が急上昇すして40度や50度にもなってしまう。これだけ小さな温室だと、なおさら、すぐに高温になってしまいそうだ。
「だから、これが大事なんよ」と岡田さん。よく見ると、温室の壁には小さな換気扇がある。

8センチ角の小さな換気扇(パナソニックの「ACファンモータ」。1500円ほど)

換気扇もまた農電電子サーモにつながっており、こちらは25度以上になると作動するように設定。内部が高温になると、自動で換気(冷却)する仕組みになっている。
「換気扇がない頃は、天気が良くなると、扉を開け閉めしに戻らなあかんかった。この換気扇があれば、3月中旬頃までは閉めっぱなしでも大丈夫や」と岡田さん。

壁面は断熱性の高いポリカーボネート

ポリカーボネートの中空板。波々の部分に空気を蓄えている

壁面は、ホームセンターなどでも買えるポリカーボネートの中空板。
内側に空気の層があるので、ビニールやアクリル板よりも保温・断熱力が高い。
また、普通のハサミやカッターで切れるので、加工がしやすい。値段もお手頃価格。

植え付け前に1週間ほど寒さに慣らす

温室で育てた苗がある程度大きくなったら、畑にある1坪ほどの小さな無加温ハウスに1週間くらい置く。
高温、高湿度のなかで不自由なく育った苗は寒さに弱く、そのまま畑に植えては枯れてしまう。そこで、7〜10日ほど、夜間には氷点下にも下がるような厳しい環境で「寒さに慣らす」。

寒さに慣らしたブロッコリーの苗。紫色になるくらいがちょうどいい

特別寒い日は「プチプチ(梱包材)」で保温する

別に立派なハウスを建てなくても、工夫すれば早出しはできる。「早出しすれば、このウネ1本だけで5万円くらいになる」と、岡田さんは自慢げだった。

関連記事
台風から野菜を守る! 農家が伝授する手軽で頑丈な栽培棚作り
台風から野菜を守る! 農家が伝授する手軽で頑丈な栽培棚作り
ピーマンやナスなどの夏野菜を秋までならせ続けるには台風対策が必須だが、農業初心者の私にはどんなやり方が正解なのかわからない。周りの畑を見てみると、皆さん色々なやり方でやってらっしゃる。イボ竹(竹型支柱)をたくさん使うの…
「クーラーボックス発芽」で秋に咲かせるパンジー・ビオラ
「クーラーボックス発芽」で秋に咲かせるパンジー・ビオラ
皆さんはパンジーやビオラを年内に咲かせようとして失敗したことはないだろうか? 私・伊藤雄大、2年前から直売所で花や野菜を売っているが、農業はド下手くそ。今年の秋はパンジーとビオラをつくろうとして大失敗し、目標の「直売所で…

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧