米の種まきって何?! ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた vol.3|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 食育・農業体験 > 米の種まきって何?! ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた vol.3

米の種まきって何?! ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた vol.3

米の種まきって何?! ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた vol.3

農作業は本当にきつい重労働ばかりなのか。自分のスタイルを貫き、好きなものに囲まれて楽しみながら農業に取り組むことはできるのか。そんな思いで、熊本のローカルメディア「肥後ジャーナル」のロリータ代表「言(こと)」が出かける農家修行。
第3回となる今回も、熊本県八代郡氷川町にある4世代同居農家「ミヤザキファーム」へ。ミニトマトでもメロンでもなく、もち米にまつわる作業をしてきました。

ミニトマト、メロンに続いて取り組むのは「米」

前回の記事では、メロンの栽培を体験した言。
無事に芽かきや摘花を終えましたが、メロン「肥後グリーン」の収穫時期はまだしばらく先です。

肥後グリーン

「肥後グリーン」の収穫まではもう少し時間がかかりそう

この日はもち米を作る作業があると聞き、朝からミヤザキファームへやってきました。

今日はお米にまつわる作業と聞いたので、土をイメージしたブラウンコーデにしました。

宮崎さん

えっ、補色にしないと映えないよ。土の上で土色の服を着ても同化しちゃうから、せっかくのロリータ服がもったいない!

畑に映えるコーディネートについて、代表の宮崎修太(みやざき・しゅうた)さんからレクチャーを受ける言。今日も楽しい一日になりそうです。

米作り=田植えじゃない?!

宮崎さん

ミニトマトとメロン、米を並行して管理する宮崎さん

宮崎さんは出荷用のミニトマトの箱を数えながら、この日の作業について説明します。

宮崎さん

今日は米の種まきをします。
種まきですか? 苗で田植えをする訳じゃないんですね。

宮崎さん

一般的な稲作と言えば田植えのイメージですが、うちで作るもち米では種まきから行うことが多いんですよ。

言は宮崎さんの父・修(おさむ)さんと母・優子(ゆうこ)さんと3人でチームを組み、種もみをセルトレイに入れ込む作業を行います。

全自動種播機

たくさんの種もみを入れた全自動播種(はしゅ)機

ここで活躍するのが「成苗ポット全自動播種機」。
セルトレイに床土を入れる→種もみを入れる→覆土を乗せるという動作を行う機械です。

軽トラックの荷台を埋め尽くすほどたくさんの土を、少しずつ投入口へ入れていきます。
覆土には少し湿り気のある土を乗せるなど、微妙な調整をしながらの作業です。

土を追加

足りない土は手作業で追加する

この日はなぜか覆土にムラができてしまう様子。十分に覆われていない箇所には、手作業で土を足していきます。

どんどん積み重なっていくセルトレイ。ひとつのパレットに40枚ほど積み重ねていきます。
しばらく作業した後は、修さんにコツを聞きながら、言も機械への土入れに挑戦します。

土を山盛りにしたスコップは重い

スコップ1杯分の土は重く、投入口の高さまで持ち上げるのはそれなりの重労働。
筋肉痛になりそう!と言いながら一生懸命土を運びます。

積み上がるセルトレイ

種もみをまいたセルトレイが積み上がっていく

400枚ほどのセルトレイが完成したところで、午前の作業は終了となりました。

関連記事
すごいぞ農家発明家!北海道の農家が生んだ稲作便利ツール
すごいぞ農家発明家!北海道の農家が生んだ稲作便利ツール
「農作業」と一口に言っても、様々なものがあります。各作業の省力化を促す農機具の種類も沢山。なかには、いまだに地道な手作業が要求される工程も少なくありません。北海道の農家・黒壁聡(くろかべ・さとし)さんは、稲作用の器具を…

さあ種まき完了!

宮崎家でのランチタイムを終え、午後も引き続きの作業です。
すべてのセルトレイができたら畑に移動。宮崎さんや別のスタッフも加わり、いよいよ種もみ入りトレイのセッティングです。

畑に並べる

運ぶ係、並べる係で分担して作業する

地面に黒いネットを敷き、種まきしたセルトレイを一つずつ手作業で並べていきます。
一つのネットあたりトレイ50枚×2列=100枚の島ができあがります。

黙々と作業が続きました。

もうすぐ300枚

もうすぐ300枚

気づけば3つの島が完成間近。合計300枚も並べた計算になります。

ここで休憩時間になりました。
みんなのアイドル、宮崎家の長男である春馬(はるま)くんがこの春から保育園に通い始めた話題で盛り上がります。

休憩時間

ガールズトークにも花が咲く休憩時間

休憩時間の和やかな雑談は、ミヤザキファームにとって大切なもの。かつてバラ農家で働いた経験のある言は農業初心者ではないものの、野菜やフルーツ、米など未経験の農作業を一つずつ確実にこなすので精一杯。先輩からのちょっとしたアドバイスも大切な財産になります。

何気ないおしゃべりを通じて、言のキャラクターやロリータファッションもすっかりなじんできました。
今日のスカートもいいね、などど話がはずみます。

機能性や動きやすさも大切だけど、気分の上がるおしゃれな農作業着も欲しい!と思う農業女子は多いはずです。

自分らしく、好きなものを大切にしながら農業に取り組んでいけたら素敵だな、という思いつきから始まったこの企画。

ロリータスタイルで農業をやるなんてふざけているのか、というお叱りも覚悟して始めたものの、あちこちから「見てるよ」「面白いね!」という声を多くいただいています。

いずれ農作業のニーズを満たした実用的でかわいいロリータ服が発売され、全国でロリータ農業女子が大増殖する日が来るかもしれません。

作業を終えた後は近くに立つメロンのハウスへ立ち寄りました。前回摘花を行ったメロンをチェックします。

実がついてきた

実をつけ始めた肥後グリーン

あちこちに緑色の実がついていました。「肥後グリーン」の収穫までにはまだ少し時間が必要ですが、順調に成育しているようです。

編集後記

大好きなロリータファッションで取り組む農業修行もシリーズ3本目。
ミニトマト、メロンに続き、もち米に関する作業を体験しました。
言としても肥後ジャーナルとしても少しずつ経験値を上げながら、より深く農業に関わっていけたらと思います。

ミヤザキファーム(インスタグラム)

関連記事
「農作業は甘くない」ってホント? ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた
「農作業は甘くない」ってホント? ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた
農作業は本当にきつい重労働ばかりなのか。自分のスタイルを貫き、好きなものに囲まれて楽しみながら農業に取り組むことはできるのか。それを検証するべく、熊本のローカルメディア「肥後ジャーナル」のロリータ代表、言(こと)が農家…
メロン栽培の重要ミッションに緊張! ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた vol.2
メロン栽培の重要ミッションに緊張! ロリータが4世代経営農家で農業修行してきた vol.2
農作業は本当にきつい重労働ばかりなのか。自分のスタイルを貫き、好きなものに囲まれて楽しみながら農業に取り組むことはできるのか。そんな思いで、熊本のローカルメディア「肥後ジャーナル」のロリータ代表「言(こと)」が出かける…
関連記事
農業体験に行くときの服装は? 虫や暑さに負けない対策を
農業体験に行くときの服装は? 虫や暑さに負けない対策を
静岡県伊豆の国市地域おこし協力隊で現在農家志し中のちだです。暑くなってきました。農業の季節です。 週末に家庭菜園でもやろう。子どもと農業体験に行こう。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実は! 農業には農業に…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧