【47都道府県の地域食材】オンリーワンの食材を目指す 岐阜県の名産品 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【47都道府県の地域食材】オンリーワンの食材を目指す 岐阜県の名産品

ライフスタイル

【47都道府県の地域食材】オンリーワンの食材を目指す 岐阜県の名産品

【47都道府県の地域食材】オンリーワンの食材を目指す 岐阜県の名産品

2018年02月18日

全国シェア上位の特産品が多い岐阜県。カキやクリ、カブなどが有名です。畜産物では、飛騨牛が代表的ではないでしょうか。山々に囲まれた岐阜県ですので、水産物の生産はありません。しかし、美しい水で育った川魚がよく獲れます。そんな岐阜県では、伝統野菜のブランド化や、オンリーワンの食材ブランド作りに力を入れています。そこで、岐阜県の食材への取り組みや名産品の特徴についてまとめてみました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

豊かな農作物によるオンリーワンブランドの確立

地域食材
岐阜県は、全国シェアが高い農産物を多く生産しています。全国的に有名な富有柿(ふゆうがき)や、「飛騨・美濃伝統野菜」に認定されている、南飛騨富士柿(みなみひだふじがき)などがあります。

また、ホウレンソウも全国順位上位にランクインしているため、首都圏でも口にする機会が多いでしょう。

山々に囲まれた岐阜県は農業従事者が多く、古くから上質な農産物を生産してきました。伝統ある野菜や果樹の生産を維持しながら、販売拠点を拡大するために、岐阜県では一定の要件を満たした品目を「飛騨・美濃伝統野菜」として認定しています。

また、ものから心の豊かさを重視し、少量・多品目生産への変化を目指しています。
島ごぼうや紅うどなど、古くからブランド力を保つ品目の維持と、岐阜いちごや、ひだほまれなど、新たな戦力となりうる農水産物の生産力向上、ブランド化のために、県の研究機関や生産者、行政が一丸となり販促フェアや海外へのアピールも積極的に行っているのです。

そこで今回は、岐阜県の名産品食材を紹介したいと思います。

飛騨・美濃伝統野菜認定品目の一つ、飛騨紅かぶ

飛騨市や高山市で生産される飛騨赤かぶは、飛騨・美濃伝統野菜の一つ。表面は赤く、内部が白い、飛騨高山の代表的な野菜です。
赤かぶ漬けや酢漬けなどに加工するために栽培され、その歴史はとても古いと言われています。

飛騨紅かぶは突然変異から生まれた品種で、大正時代に生産されていた「八賀かぶ」が赤くなったものが起源。コサカ種苗の小坂吉造氏が時間を掛けて品種改良し、現在の飛騨紅かぶが誕生したのです。

この飛騨紅かぶは冬季でも保存が効くよう、主に漬物にされることが多いため、収穫期に関わらず土産としても有名です。今後も岐阜県の代表的な加工食材として、全国的に展開されるでしょう。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧