【元気な農作物育成ガイド】上手に肥料を与えるタイミングと注意点 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【元気な農作物育成ガイド】上手に肥料を与えるタイミングと注意点

ライフスタイル

【元気な農作物育成ガイド】上手に肥料を与えるタイミングと注意点

【元気な農作物育成ガイド】上手に肥料を与えるタイミングと注意点

2018年04月10日

農作物や植物の発育に欠かせない「肥料」。しかし、すべての肥料がどんな作物にも万能に効果を現すわけではなく、成分の特徴を生かした上手な使い分けを行うことが重要となります。今回は育成する品種に合った肥料を与えるタイミングや、注意点を紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

元肥と追肥の使い分け

元肥

元肥
肥料は元肥(もとごえ)と追肥(ついひ)という2つの種類に分かれます。元肥は、農作物や植物の苗を植えつける前に施す肥料を指します。

土壌中に生息している微生物の役割によって無機的な形に姿を変え、水に溶け、やがて土壌に染み込みながら根の細胞膜に接することで緩やかに吸収されていきます。

元肥は長期的な発育を促す特長を持つため、効果はすぐに現れません。そのため、過剰に施してしまうことがありますが、農作物や植物の根を傷めさせ枯れてしまう原因になるので注意が必要です。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧