ネイルサロン経営主婦が多品目農家に転身! ゼロから農を営む3つの秘訣
NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 大阪会場 9月19日 9月20日 NEXT AGRI PROJECT 農業の最新情報と人材交流が生まれる場 大阪会場 9月19日 9月20日 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > ネイルサロン経営主婦が多品目農家に転身! ゼロから農を営む3つの秘訣

生産者の試み

ネイルサロン経営主婦が多品目農家に転身! ゼロから農を営む3つの秘訣

ネイルサロン経営主婦が多品目農家に転身! ゼロから農を営む3つの秘訣
最終更新日:2019年05月08日

神戸市西区にある「里の華(さとのはな)農園」の今城里華(いまじょう・りか)さん。以前はネイルサロンの経営者でしたが、お店を閉め、2013年に新規就農しました。農業とはまったく縁がなかったものの、現在は女性一人で約40種の野菜を生産するまでに。今城さんは、どうやってゼロから農を営んできたのでしょうか。話を伺うと「師匠」「初期投資」「農家グループ」という3つのキーワードがありました。

秘訣1:「師匠」を見つける

多品目農家

ニンニクの生育状態をチェックする今城さん

──今城さんは以前ネイリストだったそうですね。

私は短大卒業後にOLをしていたのですが、自分で起業をしたいと思い、ネイルサロンを開業しました。子供の頃から指がキレイだと言われるのがうれしくて、爪をケアするのが好きだったんです。その時は、生涯ネイリストでいるつもりでした。

それが30代後半ぐらいから、戸惑いを感じるようになって。安価なネイルサロンが増えてきたり、スタッフと良好な関係が築けなかったり……。お客さんの好みにも共感できなくなってきて、ネイリストを続けるのが厳しくなってきました。

──そこで、なぜネイルとは全然関係のない農業に?

当時は自宅の1階がお店で2階が居住スペースだったんですが、仕事をしながら趣味でベランダ菜園をしていて。それがとても楽しくて、市民農園を借りて畑もやりはじめたんです。

そんな中で、たまたま家のポストに入っていた市の広報誌でJAの新規就農研修の募集要項を見つけて。それに応募したのが、農業に足を踏み入れたきっかけです。私は神戸の街なかで暮らしていたので知らなかったのですが、研修に行って市内に農村地があることが分かりました。遠い田舎に引っ越さなくてもいいし、農業を一生の仕事としてやっていこうと決意したんです。

多品目農家

当時のベランダ菜園の様子

──最初はJAの研修に行かれたのですね。

JAの新規就農研修を1年間受けました。その後さらに1年間、農家研修にも行ったんです。農家研修は2件行き、そこで出会った先輩農家の一人が私の師匠です。今借りている約30アールの農地も師匠が紹介してくれて。師匠の畑はすぐ近くで、今でも指導を仰ぐ機会があります。私は何もない所から農業をはじめたので、良い師匠を見つけるのは大事だったと思います。

秘訣2:「初期投資」を抑える

多品目農家

今城さんが使用している管理機

──今城さんの農業は、JAの研修がベースになっているのですか?

研修で学んだ基本は役立ちますが、実際のところ、やらないと分からないのが農業です。実は昨年の夏、台風で主品目のズッキーニが全滅してしまって。何があるか分からないんです。

私はゼロからの就農でしたので、初期投資にお金がかかりました。農機はトラクター、管理機、刈り払い機、動力噴霧機、播種(はしゅ)機などを買い、採集コンテナなどの小さな道具も揃えました。露地栽培のみで高価なビニールハウスは導入しませんでしたが、就農して2~3年は利益は出ず、つらかったですね。

──農業を経営していく上で心がけていることは。

一人だとできることが限られているし、なるべく初期投資を抑えて地道にやるのがいいです。とは言え、ある程度は投資もしないとスタートラインにすら立てないです。

私の場合は夫がサラリーマンなので、赤字でも生活ができるから何とかなりました。兼業で主婦が営農するにしても、苗代や種代、肥料代など家庭菜園とは桁違いのお金がかかります。試行錯誤しながら少しずつ収益化を目指すしかないです。

──収益化のポイントはありますか?

土地に合わせた品目の選択でしょうか。何が合っているかは、やらないと分からないです。私の主品目は、冬はブロッコリーで安定しています。夏はナスとズッキーニですが、夏の露地栽培は天候に左右されるのが難点です。私の畑は強風が吹きやすく、ナスは風に吹かれると傷がつくんです。ズッキーニも、雨風で茎が折れる場合があります。

主品目以外は、比較的天候に左右されにくく保存も効くようなイモ類、ショウガ、ニンニクなどを取り入れています。

秘訣3:「農家グループ」に加入する

多品目農家

今城さんのブロッコリー畑

──現在の販路を教えてください。

販路は農協、直売所、ホテルやレストランへの出荷、他には地域のマルシェで対面販売もしています。

──農協には何を出荷しているのですか?

主品目のブロッコリーを出荷しています。農協のブロッコリー部会に入っていて、1ケース20個入りで取引されています。ブロッコリーって泥を洗う手間がなく、手際よく出荷作業ができるんです。野菜の中では売れ筋商品なので、回転率も良くて。直売所に出荷しても、ほとんど売り切れています。

多品目農家

──農協と直売所以外は、自力で販路開拓を?

「神戸スターズ」という地域の農家グループに入っていて、メンバーの紹介でホテルやレストランと取引しています。研修中にご縁ができた飲食店もあります。

農業者の任意団体って増えましたよね。ゼロからの新規就農で営業までする余裕はなかなかないので、グループに所属するのは有意義だったと思います。仲間から地域の情報も聞けますし。

主婦だからこそ!

多品目農家

今年からエディブルフラワーをはじめたそう

──女性一人で農業をしていて苦労することは。

重いコンテナを運ぶ時に男手があれば……と思うことはありますけれど、あまり気にならないです。機械も使えますからね。

──反対に、主婦だから良かったことはありますか。

ありますよ! 主婦は野菜を扱うのに慣れているから、収穫や袋詰めが早いです。スーパーでどんな物が手に取られやすいのかも予想できます。味はもちろんだけど、野菜って見栄えも大事なんです。

私は農家として、主婦としても、味も形もちゃんとしたものを買ってもらいたいんですよね。就農して6年目になりますが、私なんかまだまだ。師匠や地域農家の方々に助けられながら、これからも日々の農作業に励みます。

【関連記事はこちら!】
【新規就農者の横顔】教師&自衛官からの就農 畑作大国・十勝で小規模農業を

【農業女子PJ特集】第20回:海外勤務から農家の嫁に転身

20代で就農 山梨県の女性専業農業家【ファーマーズファイル:羽野幸】

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧