雨天にどう備える? カリスマ農家が語る「妥協の大切さ」|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 雨天にどう備える? カリスマ農家が語る「妥協の大切さ」

雨天にどう備える? カリスマ農家が語る「妥協の大切さ」

連載企画:農業経営のヒント

雨天にどう備える? カリスマ農家が語る「妥協の大切さ」

梅雨が近づいてきた。「晴耕雨読」という言葉があるが、本当に雨の日に農作業を休んでいれば栽培が滞る。もし社員がいるなら、雨の度に休みにするわけにもいかない。雨天にどう備え、雨が降った日には何をすべきなのか。茨城県土浦市の野菜農家、久松達央(ひさまつ・たつおう)さんに話を聞いた。

雨天でも作業はたくさんある

久松さんが運営している久松農園は、栽培面積が6ヘクタール。ほとんどは露地で、7アールのハウスもある。約70品目の野菜を、農薬や化学肥料を使わずに育てている。SNS(交流サイト)や著書を通して意見を発信しており、若手を中心に農家の間に強い影響力を持つ。

久松さんを除いて社員は2人。土日は休みで、週休2日制を実現している。いまの時期の勤務時間は、8時から17時まで。数分で終礼をすませると、その日の仕事をすぱっと終わりにする。長時間労働になりがちという農業のイメージとは一線を画す、メリハリの利いた仕事のやり方だ。

関連記事
カリスマ農家が語る「有機農業の壁とこの先の希望」
カリスマ農家が語る「有機農業の壁とこの先の希望」
茨城県土浦市で有機農業を営む久松達央(ひさまつ・たつおう)さんは際立つ発信力ゆえに若い新規就農者から幅広く支持されており、「カリスマ農家」とも言うべき存在だ。高い栽培技術に加え、タブーを恐れず有機農業のあり方を論理的に…
カリスマ農家が直面した有機農業の限界 次に選ぶ意外な選択肢とは
カリスマ農家が直面した有機農業の限界 次に選ぶ意外な選択肢とは
茨城県土浦市で農場を営む久松達央(ひさまつ・たつおう)さんは、曖昧で感覚的な言葉で語られることが多かった有機農業を、切れ味鋭い独自の論理で説明して注目を集めてきた。その久松さんが今直面しているのが、これまで対象にしてき…
関連記事
「10年安心な販路はない」、ベテラン農家が説くピンチへの対応力
「10年安心な販路はない」、ベテラン農家が説くピンチへの対応力
新型コロナウイルスの流行が長引いたことで、農業にもさまざまな影響が出た。飲食店の閉店などで売り先が減った農家もいれば、需要の変化にうまく対応して売り上げを伸ばした農家もいる。豊富な経験を持つベテラン農家は混乱の中で何を…

今回の取材テーマは、「雨の日に何をするか」。雨天に社員が手持ち無沙汰にならないようにするため、どんな工夫をしているのかを聞くのが目的だった。インタビューが始まってすぐに筆者のそうした意図を察すると、久松さんは「雨の日にもやるべきことはたくさんある」と語った。

さまざまな野菜

久松農園で育てたさまざまな野菜

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧