西洋野菜をおいしく食べる ベビーリーフ・ルッコラ・セルバチカ・アイスプラント【野菜と果物ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 西洋野菜をおいしく食べる ベビーリーフ・ルッコラ・セルバチカ・アイスプラント【野菜と果物ガイド】

ライフスタイル

西洋野菜をおいしく食べる ベビーリーフ・ルッコラ・セルバチカ・アイスプラント【野菜と果物ガイド】

西洋野菜をおいしく食べる ベビーリーフ・ルッコラ・セルバチカ・アイスプラント【野菜と果物ガイド】

最終更新日:2018年09月19日

お皿に盛り付けるだけで、カフェやレストランのようにおしゃれになるのが、ベビーリーフやルッコラなどの西洋野菜です。今回は、スーパーで気軽に手に入るものから少し珍しいものまで、サラダ用の葉物野菜を紹介します。「ベビーリーフは何の葉?」「もっと辛みがあるルッコラが食べたい!」などの疑問もスッキリ解決していきます。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

ベビーリーフの紹介

ベビーリーフ

ベビーリーフとは、特定の野菜の品種のことではなくいくつかの葉物野菜の幼葉を摘み取り商品化したものになります。

キャベツの仲間であるレッドケールや、レタスの仲間のロロ・ロッサ、レッド・ロメイン、さらにミズナやピノグリーンなど様々な種類があります。形が違ってバラエティ豊富なので、レタスに混ぜたり肉料理などに添えたりすると料理が華やかになります。

鮮度の良いおいしいベビーリーフの見分け方

鮮度の良いおいしいベビーリーフは、見た目がみずみずしく、葉がとけていたり傷みがありません。
袋に入って販売されているので、購入時は袋の中に水が溜まっていないかを確認しましょう。

ベビーリーフの下ごしらえ

必ず水洗いして食べるようにしましょう。他の野菜と一緒に水洗いし、しっかりと水を切ればドレッシングなどをかけてそのまま食べられます。

ベビーリーフの豆知識

日本ではパック売りをされていることが多いベビーリーフですが、欧米では主に量り売りがされています。

傷みやすいので、食べきれる分だけ買うようにしましょう。
ハムで巻いたり手巻き寿司に入れるなど、薬味としても使うことができます。

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧