リピーター90% 楽しんで和める観光農園のヒミツ

マイナビ農業TOP > マイナビ農業 × 農業女子 農業を選んだワケ > リピーター90% 楽しんで和める観光農園のヒミツ

介護福祉士から農家を継ぐ
リピーター90% 楽しんで和める観光農園のヒミツ

テーマ:農業を継ぐ

Profile

阿部 純子(あべ・あつこ)さん

兼業農家の長女として生まれるものの、卒業後は介護福祉士に。自宅での祖母の介護をきっかけに農業も手伝い始め、2008年に継ぐことを決めて就農。観光農園を運営しながら2012年には念願のカフェも開設。好奇心や楽しむことがモットーのパワフル農園主です。

作っているものりんご・ブルーベリー・野菜・水稲
働いている場所あっちゃんりんご園

Q1.農業を始めたきっかけは何ですか?

きっかけは祖母の介護です。自宅での看取りを希望していたため、私自身も介護士としての働き方を見直していた時に、家業の観光農園も忙しそうだったので、「家業を手伝うのもありか?」と考えるようになりました。そんな時、誘われて農業普及所主催の「りんご女性経営者セミナー」に参加したんです。「農業は大変で地味」というイメージとは違い、農業経営としての可能性や楽しさを知ることができて、素晴らしい農業経営者にも出会い、目から鱗でした。「農業って色々なことが出来るんだ!」と感じられて、継ぐことを決めました。

あっちゃんりんご園

Q2.作物はどうやって決めましたか?

両親から受け継いでいます。父は57歳で農業を継いだのですが、当時、沼田市ではリンゴ農家が軒を連ねる「リンゴ団地」が盛り上がっており、祖父母の代から栽培品目の転換をしました。
観光農園がメインなので市場出荷はせず、農園運営、カフェでの接客、個別発送の対応がメインです。

あっちゃんりんご園

Q3.土地はどうやって決めましたか?

代々家が所有する土地を使用しています。

あっちゃんりんご園

Q4.師匠は誰ですか? どうやって修業しましたか?

両親です。栽培技術に関しては、就農12年目ですがまだまだ経験不足。普及所の研修会・講習会に参加しています。リンゴの栽培は、土づくりが作物の食味に影響するまで5年~10年かかると言われていて、これまでの成果が出てき始めた頃です。包丁を入れた時に引っかかりがなく、スッと切れて食感も良くなってきたと感じます。

あっちゃんりんご園

Q5.助けになっている存在は?

農業を継ぐきっかけにもなった「りんご女性経営者セミナー」の農業仲間や、そのセミナーから生まれた「利根沼田しあわせ集まり理想の会・TNしありー’s」の仲間たちです。農家の嫁・女性という同じ立場で考えや思いを共有でき、自分も頑張ろうと思えます。
また、共同開発をしたりマルシェに出展するなど、経営面での支えにもなっています。

あっちゃんりんご園

Q6.農業をやっていて良かったことは?逆に良くなかったこととは?

農繁期の忙しさは半端ないですが、ずっと続くわけではありません。それ以上に、自然の強さや美しさを感じながら、観光農園で沢山の人と出会える点は素晴らしい! 人生の宝物だと思います。ずっとやりたかったカフェもオープンし、好きなお菓子作りをしてお客様に振る舞うことができたのも、農業をやっていたからこそ!

あっちゃんりんご園

Q7.「農業女子あるある」といえることは?

美味しい果物の見分けができる。リンゴは表面がザラっとしていて、ヘタの部分のくぼみは深く、お尻のくぼみがちょっと広がって黄色いものがおいしいです。

1日のスケジュール
1日のスケジュール

Q8.おすすめアイテムを教えてください。

日焼け予防では「ヤケーヌ」というアイテムが人気。しっかりガード出来るのに暑くない日よけ。ワークマンの冷感UVインナーもお気に入り。

チャート
就農前と後の、満足度の変化
【学びについて】
就農前にしても後にしても、きれい事では無く「学び」は大きいと思います。どの環境にいても、新しく得た知識や、既に持っている知識からの発展など、次から次へと常に学びがあります。大切なのは、それを得る事が出来るよう、柔軟な心と頭を持つことだと自分に言い聞かせています。

これから農業を始める人へのメッセージ

一口に農業と言っても、形態によって様々な可能性を秘めています。私が大切にしていることは、1・楽しむこと 2・好奇心.やる気 3・頼る事 そして、いつまでも夢を持って取り組むこと!
阿部 純子さん