儲かる農業があり、かつ住みやすい農村を実現する|農村DX(農村デジタルトランスフォーメーション)|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 儲かる農業があり、かつ住みやすい農村を実現する|農村DX(農村デジタルトランスフォーメーション)

儲かる農業があり、かつ住みやすい農村を実現する|農村DX(農村デジタルトランスフォーメーション)

「儲かる農業×住みやすい農村」を実現する
「農村DX(農村デジタルトランスフォーメーション)」

About
:農村DXについて

農村では、農業と生活が密接な関係にあるにも関わらず、資源やインフラがバラバラに管理されてきました。
農村DXは農村版CASE (Connected(繋がる)・Autonomous(自動化)・Sharing/Service(シェアリング/サービス化)・Energy/Electric(エネルギー/電動化)の頭文字をとったもの)をコンセプトに、「農業と農村生活を一体的にデジタル化」することで、農業の競争力強化、農村生活の質の向上、インフラの運営コスト低減、環境負荷の低減等の農村の大改革を目指す構想です。

Column
:農村DXの事例や最近の注目トピックス

地域農業に触れる中で見えてきた、人材難の根本課題とは【日本総研×マイナビ農業対談】
NEW
更新日:2022年7月20日
地域農業に触れる中で見えてきた、人材難の根本課題とは【日本総研×マイナビ農業対談】
離農・高齢化が進む中山間地域の生活と産業を守る戦略【農村DX実践者の声】
NEW
更新日:2022年7月20日
離農・高齢化が進む中山間地域の生活と産業を守る戦略【農村DX実践者の声】
地方自治体と進める「農村DX協議会」
NEW
更新日:2022年7月29日
地方自治体と進める「農村DX協議会」
        
地方自治体と進める「農村DX協議会」
NEW
更新日:2022年8月5日
誰でもできる農業へ、スマートグラスによる作業支援の可能性とは
    
地方自治体と進める「農村DX協議会」
NEW
更新日:2022年8月5日
生物多様性の波が与える農業のビジネスチャンス
     

Organization
:農村DX協議会

日本総合研究所は、デジタルトランスフォーメーションの手法を用いて、「儲かるビジネスがあり、かつ住みやすい農村」を実現する「農村デジタルトランスフォーメーション」を推進するため、自治体を会員とする「農村DX協議会」を2019年に設立しました。

社会課題のソリューションを自治体とともに

農村DX協議会では農業をはじめとしたビジネスと農村生活に関連する情報や機能をAI/IoT等のデジタル技術で一体化させて新しいサービスを開発し、農村におけるビジネスおよび生活の革新を目指しています。自治体が会員となり、農村生活の向上に役立つデジタル技術に対する知見の獲得や自治体同士の情報交換等を行う組織です。農業を核とした産業創出、効率的なインフラ管理、物流の最適化といった農村が直面している課題を解決するサービスの具体化に向けて活動してきています。

CONTACT
:お問い合わせ

農村DXに関するお問合せ、また協議会へ参画をご希望の方はこちらへ。

日本総研について

日本総研は、シンクタンク・コンサルティング・ITソリューションの 3つの機能を有する総合情報サービス企業です。国内外経済の調査分析や政策提言等の発信、 新しい時代を見据えた新規事業創出支援、 経営戦略・行政改革等のコンサルティング、 グループ企業に対する戦略的な情報システムの企画・構築、 デジタルサービス創出支援など、多岐に亘る企業活動を展開しています。